茨城県 「石切山脈」笠間の稲田石採石場が観光人気スポットになっている

有名建築物に使用されている稲田石

茨城県笠間市稲田という地名の場所は、明治の頃、地面が強固な花崗岩(御影石)でできていることが発見されました。
3キロメートル✖️7キロメートルほどの範囲で、深さ1キロメートルの規模だそうです。
この地区の花崗岩は、その白い美しさゆえに稲田石と呼ばれ、ブランドなのです。

その証拠に、稲田石は、国会議事堂、最高裁判所、日本橋の橋げた、三越本店など、また全国の神社仏閣の境内の石畳などに利用されています。
茨城県の県庁も最近建て直されましたが、稲田石を使用しています。

稲田石の最大の採石場が観光地として注目されている

何と言っても、観光人気全国最下位の茨城県。
茨城県人はそれを悔しいとは思っていないのです。
茨城県やほとんどの市町村が、観光に力を入れていないと、茨城県人の私は思います。
いや、私だけでなく、茨城県人は皆さん同じように思っています。
広大な関東平野を独り占めしているので、観光などなくても平気なのです。

その中で、最近「読売新聞」に、笠間の採石場に見学者急増という記事が掲載されました。
絶景ブームで、新しい絶景を求めて、ついに茨城県にも観光客が到来するようになったようです。

茨城県の風景や祭りを撮影している私も知らなかった情報です。
早速、採石場に連絡して見学に行ってきました。
その写真を掲載します。

採石場のどこが良いの?と思う方も、この風景を見ると、考えが変わるのでは!

一応「写真家」という肩書きもあり、出版物に写真を掲載することが決まっているため、観光客が入れない採石場の奥まで案内していただきました。

70年かけて稲田石を切り出してきた場所は、高さ70メートルもの垂直の壁になっています。
いわゆる、露天掘りという方法で、どんどん地面を掘っていくのです。
深さが1キロメートルあると言われているので、数百年後には地形が変わっていることでしょう。

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 


広大な敷地の一角に展望台が有ります。
見下ろすと、大きな池が。
緑色の水面が神秘的。
この景色を見るだけで価値があります。

ところが、池は、地下数十メートルの深さがあり、本来は採石場なのだそうです。
この場所の採石を休止していた間に、地下水などの湧き水で池になったそうです。
この場所で採石を再開するときは、池の水を抜くそうですが、その時は地下数十メートルの穴が見えるはず。

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 

稲田石 採石場見学 想石 中野組石材工業 茨城県笠間市稲田 国会議事堂 最高裁判所 日本橋 三越本店 

稲田石採石場の情報

笠間観光協会の公式ページ
http://www.kasama-kankou.jp/upsys_pro/index.php?mode=detail&code=513

稲田石採石場の場所

この記事やこれらの写真はいかがでしたか?